パチンコ 新台 予定

ビット コイン カジノreview


2023年12月9日(土)

OJIJIの旅6日目は山口県内から始まります。

この時期は一年中で一番昼間時間の短い時期です。
昼間に行動しなければ夜の暗い時間の方がはるかに長いので
OJIJI的な旅行では昼間時間を最大限活用しなければなりません。

ということで本日も日の出時間から行動です。
本日はまず山口県の「秋吉台・秋芳洞」を目指しました。
カルスト台地と呼ばれる独特の地形を見たいものだと思いました。

2023年12月9日(土) 7時30分 日の出です。


読者の皆さん。このガードレール変だと思いませんか?
「黄色」なんです。ガードレールは普通は「白」です。
なんと山口県内のガードレールは「黄色」なのです。
とても違和感を覚えました。
いつもとあまりにも違う光景を目の当たりにするとOJIJIの脳は混乱してしまったのです(笑)



この日もとても良い天気でした。
こんな美しい景色を眺めながら「秋吉台・秋芳洞」を目指しました。
この画像の脇に「キンカン」が稔っていました。


こんなお地蔵様に出会いました。


カルスト台地というのは「石灰岩」が溶けたり、風化してできた独特の地形です。
秋芳洞まで行く途中でカルスト台地に出会うものと思って車を走らせました。
しかし、行けども行けどもそんなところは眼に入ってきませんでした。
こんな石灰岩の不思議な光景を見ることができると期待していたのですが・・・


秋芳洞に着きました。
秋芳洞は「鍾乳洞」です。


この先が鍾乳洞です。


秋芳洞の内部です。





越後ojijiが中学生の時に生まれ在所にあった「鍾乳洞」探検をしたことがあります。
友人3人と当時の中学の理科の先生と4人で探検をしたのです。
とても貴重な経験をしました。
しかし、今回秋芳洞で見た光景は過去の経験とは全く違うものでした。
驚きの光景が広がっていました。
不思議な感覚にとらわれながら見学しました。


秋芳洞を見学してからまた国道2号線に戻りました。
やはり長い距離を走りました。

山口県下関市に着きました。
国道沿いに「日清食品下関工場」がありました。


下関市から北九州市門司区までは「関門トンネル」です。
12月4日(月)の朝早くに新潟を出発してやっと九州につながるところまで来ました。

次はいよいよ九州入りです。
つづく

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI




Posted by 越後OYAJI at 13:47Comments(0)

パチンコ 新台 予定

パチンコ 新台 予定


2024年の二杯目の「パチンコ 新台 予定」です。

このパチンコ 新台 予定は500円です。
野菜はたっぷりですし、麺は普通ラーメンの1.5倍くらいの量でした。
味は極々シンプルな味噌味です。
叉焼は別料金で2枚100円でした。
ということでこのパチンコ 新台 予定は600円でした。
最高のコストパフォーマンスです。
ラーメン専門店では無く、普通の食堂という感じのお店でした。
感動したので近々またお邪魔しようと思いました。

パチンコ 新台 予定


完食しました。
越後ojijiはOJIJIなので完食するのに30分以上かかりました。(笑)。


美味しいラーメンで満腹になり、少し休憩して、買い物などをして、
「弥彦山」を撮影しました。この日は薄曇りでした。


山頂の雪はあまり多くないようです。


えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI



Posted by 越後OYAJI at 11:49Comments(0)

ビット コイン カジノって何

パチンコ 等価


2023年12月8日(金)

広島の平和公園を後にして国道2号線を走りました。
途中で何度も休憩をしました。仮眠もとりました。
高齢OJIJIが軽自動を伴の旅行をしているのですから、事故を起こしたり
事故に巻き込まれたりしたら大変なことになります。
ですからゆっくりと安全に。。。これを心がけました。
大阪から山口県下関市までの山陽道は長い。
走れども走れども国道は続きます。
広島市から一体何kmはしったのでしょう? 陽がすっかり落ちて真っ暗です。

道路標識で「錦帯橋」の文字が見えました。
「錦帯橋」に来るのも今回の目的の一つでした。
この時間だときっとライトアップされているだろう。と思い錦帯橋に向かいました。

おもった通りでした!!!(^o^)

ライトアップされた「錦帯橋」です。


色々な光線でライトアップしていました。


ライトアップされた錦帯橋。






橋の上から撮影。きれいなアーチ型がよりはっきりとします。




岩国市のマンホールの蓋です。
錦帯橋や岩国城、鵜飼いなど盛り沢山です。


ライトアップされた錦帯橋はとても美しかった。
色々な光線を繰り返し当てていました。
その中でこの色は名勝「錦帯橋」にはふさわしくないのでは?
と思われる色もありました。
世界中から観光客が訪れる日本の宝です。
せっかくのライトアップ。荘厳な雰囲気を醸し出せる演出であって欲しかった。

錦帯橋の美しさの秘密は以前NHKの「ぶらタモリ」で錦帯橋を取り上げたときに
解説していたのを思い出しました。日本の技術力というのはすごいなぁと感心したのを記憶しています。
今回の錦帯橋は夜でしたが九州を一周して帰りに同じ道を通ったので昼間の錦帯橋も撮影しています。
それも楽しみにしてください(^o^)

さて錦帯橋をあとにしてひたすら車を走らせました。
国道2号線の山間(やまあい)に突然、こんな景色が飛び込んできました。
えっ!!!!
驚いて思わずブレーキを踏んだくらいです(笑)


何だここは???


車を駐車場に止めて。初めてここがなんであるかがわかりました。
ここは全国的に有名なレストランでした。
この一帯に3種類の飲食店を展開しているそうです。
「ど派手な看板」は勿論お客の目を引き付けるのが目的なのでしょうけど。。。
それにしても驚く演出です。
OJIJIは思い出しました。ずいぶんと前の話ですがテレビの「秘密のケンミンショー」で
取り上げられていたレストランでした。
あのテレビで見た飲食店が自分の目の前にある。
何だか不思議な感覚になりました(笑)


「かまど」というレストランに入りここの名物料理をいただきました。


「山賊焼き」」です。鶏モモ肉をてりやきにしたものです。
美味しかったです。鶏肉は決して銘柄鶏なぞではないでしょう。
普通のブロイラーだと思いますが、炭火で焼きあげているらしく、柔らかで美味かった。
タレも甘めでこの鶏肉とマッチしていました。人気が出るのも頷けます(^o^)


山賊おにぎりです。でっかいおにぎりです。具はタラコ・昆布・鮭その他が入っていました。
海苔も良いものを使っているようです。安い海苔だと噛み切れないときがあります。
これだけ大きなおにぎりにかぶりついても楽に食べることができました。


いやぁ!驚きの食事でした。大満足しました。

瀬戸内海沿岸。広島平和公園。錦帯橋。そしてこのレストラン。
盛りだくさんの一日でした。

山賊レストランを後にして、市街地に行って安ビジネス旅館を見つけたので今夜はそこで・・・

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI



Posted by 越後OYAJI at 10:41 Comments(0)

パチスロ ウルトラマン タロウ

ビット コイン カジノウィークリー


2023年12月8日(金)

13時30分に広島市の「平和公園」に到着しました。

平和公園を訪れたのは今回で3回目です。
過去2回ではしっかり見学もできませんでした。
勿論写真もしっかりと撮っていませんでした。
今回は画像と動画をしっかりと撮りました。
記憶にしっかりと留めました。

12月8日。
この日は日本が真珠湾を奇襲して「太平洋戦争」を始めた日です。
偶然でした。そんな日にここにいるなんて・・・・
そしてその愚かな戦争に対する判断のミスが4年後のこの広島の惨禍につながったのですから。

原爆ドーム






ドームの内部です。当時のままで保存されています。







原爆の子の像


原爆の子の像(この像のモデルになったのは佐々木偵子さんです)


これはぼくらの叫びです。
これは私たちの祈りです。
世界に平和を
きずくための。


原爆死没者慰霊碑


安らかに眠ってください。
過ちは
繰り返しませぬから。


平和について考えさせられる「平和公園」の時でした。
平和は作り出すものです。誰かが与えてくれるものではありません。
努力に努力を重ねて作りだすのが平和という状態です。
人類に与えられた最大の使命が「世界に平和を構築すること」だと思っています。
多くを書くつもりはありません。世界中で起こっている理不尽な平和に反する行為です。
越後ojijiは繰り返し繰り返しこのブログで「平和を希求」しようと呼び掛けています。
私自身の問題として・・・・

この数日後には長崎の平和公園にいました。
原爆の惨禍は二度とあってはならないことです。

平和公園の隣に広島城があります。
ここもゆっくりと見学しました。


この日は山口県まで行きました。
岩国市でライトアップされた「錦帯橋」を撮影しました。
また驚きの食にも出会いました。

12月8日のその③につづく。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI




Posted by 越後OYAJI at 17:46Comments(0)

パチスロ ウルトラマン タロウ

パチンコ 新台 予定


2023年12月8日(金)

OJIJIの旅は5日目です。

岡山県から広島県に入りました。

瀬戸内海は穏やかでした。
最高の凪で、この日は気温も高く、冬装束のOJIJIは「暑い」と思ったほどです。
瀬戸内海気候と言う言葉を思い起こしました。
瀬戸内海をゆっくりと眺めたのも初めてです。
気持ち良かったなぁ(^O^)(笑)



見て下さい。この澄んだ海。いたるところでこういう光景を目にしました。






養殖筏など色々と見ながら瀬戸内沿岸を運転していました。

次は広島市です。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI


Posted by 越後OYAJI at 09:22Comments(0)

ビット コイン カジノパチンコ 種類

ビット コイン カジノ会員登録URL


2024年1月17日(水)

新発田方面を車で走り回りました。
聖籠町、新発田市内、少し外れて胎内市方向、阿賀野市方向・・・
どこからでも「ビット コイン カジノ会員登録URL」がくっきりと目に飛び込んできました。
真冬で空気が澄んでいるので稜線がハッキリしていたのだと思いますし
ビット コイン カジノ会員登録URLの雪の感じと周りの山々とのコントラストもとても鮮やかでした。









カメラに映るのはレンズがとらえることができる範囲です。
しかしOJIJIは山を中心として全体を見ています。
山は動きませんが、光の加減は変わりますし、山の周りの様子はどんどん変わります。
OJIJIが感動して見ているうちにも周りの様子は変化します。
その一瞬をとらえるのがカメラです。
カメラを趣味にしている者にとっての喜びの時です。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI


Posted by 越後OYAJI at 18:33 Comments(0)

ビット コイン カジノパチンコ 種類

ビット コイン カジノパチンコ 種類


2024年1月17日(水)

とても良い天気でした。
自動車で出かけたのですが外に出ても寒さを感じませんでした。
車の暖房を切った位でした・・・・

新発田方面に行ってきました。
この時期は雪と田舎風景とがうまくマッチしてとても良い表情を見せてくれるのが新発田なのです。

この日はまず新潟市松浜地区にある墓所で「お墓参り」をしました。

良い天気に誘われるままに新発田方面を目指しました。
気持ちの良い日でした⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾



途中で白鳥に出会いました。




飛んでいる白鳥です。コンパクトデジカメで撮影しています。
それも古いカメラです。せっかくのシャッターチャンスを生かすことができません。
ギリギリで撮影した飛ぶ白鳥の姿です。
OJIJIは良いカメラが欲し~い。と思っています(>_<)


新潟近郷を車で走るといたるところでお地蔵さまに出会えます。
どのお地蔵様も大切にされていて、地域の方々がしっかりと面倒をみているのだなぁ。。。
といつも感心しながら写真におさめています。


昼食に食べたのが「くるまやラーメン」のパチンコ 新台 予定です。
このお店はラーメンを注文すると「餃子とライス」が無料でついてきます。
ライスは2杯まで無料です。OJIJIは大食いですが、最近は大食いも細くなっています。
おかわりまではできませんでした。満腹になりました(^o^)


新発田地区の色々ところを回りました。
良い天気だったのでどこに行っても美しいところばかりでした。
新発田はよいところです。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI

Posted by 越後OYAJI at 10:07Comments(0)

パチンコ 新台 予定

パチンコ 等価


姫路城を後にして童謡「あかとんぼ」の郷、兵庫県「たつの市」をめざしました。

兵庫県たつの市は童謡「♫♪ゆうやけ、こやけの赤とんぼ♫」を作詞した「三木露風」の生誕地です。
そして越後ojijiの大好きな映画「男はつらいよ夕焼け小焼け」の舞台になった街です。
歴史が古く、龍野藩五万三千石の城下町であり
全国的に有名な「ヒガシマル醤油」のあるところであり、そうめんの「揖保乃糸」は大ブランドです。

三木露風はこんな夕日を見て育ったのだろうか?


「あかとんぼ」の歌碑がありました。




たつの市のマンホールの蓋です。これも「赤とんぼ」をイメージしています。


映画「男はつらいよ『寅次郎夕焼け小焼け』の撮影地でもあります。
映画『寅次郎夕焼け小焼け』はシリーズ17作目の作品です。
山田洋二監督。渥美清・倍賞千恵子・宇野重吉・太地喜和子などが重要な出演者でした。
昭和51年(1976年)公開です。


ロケ地になった場所です。


映画でたつの市の観光課長(桜井センリ)が
『ここから見た「けいろうざん」が一番美しゅうと言われています』というセリフを言ったところです。
「けいろうざん」とは「鶏籠山」のことであることを今回初めて知りました。
流れている川は「揖保川」です。


映画のロケでは古い城下町である「龍野」の歴史的景観が随所に出てきます。
そんなところに出会いたいと思い、街中を車で走りました。
事前に調べていて来たのではないので、結局、それらしきところには出会えませんでした。
現在は伝統的建造物保存地区としてたつの市のいつくかの場所が指定されているそうです。
「赤とんぼ」と「男はつらいよ」の街、たつの市は訪れるつもりでした。
しかし、事前になにも調べていなかったのでちょっと残念な気になりました。
まっ!こんなこともこういう自由な旅の醍醐味でもあります(笑)

「♪♫ゆうやけ、こやけのあんとんぼ~♬♫」


「♬♪負われて見たのはいつの日か~♬♬」


たつの市滞在中にすっかり陽が落ちてしまいました。

気が付けば何も食べていませんでした。
郷土料理など食べられないかと模索していた時に目に飛び込んできたのがこの店です。
何と全国チェーンである「得得うどん」でした。
誰かに聞いて地元の人気食堂などで食べるのが嬉しいのですが
流石にこの時は「腹が減りすぎていました(笑)」
躊躇なく「得得うどん」に入店し「きつねうどん」を食べました。
「得得うどん」も以前には新潟市にもありました。
讃岐うどんの全国チェーンが新潟に進出してきたころにはもうなくなっていました。
久しぶりに食べたこのチェーン店のうどんは美味かった。
ただし、腹が減っていたというのが「美味しいと思った」最大の理由だと思う(笑)


お腹が落ち着いたので少し休憩してから国道2号線に戻りました。
兵庫県たつの市を出たのが18時頃でした。その後岡山県を目指しました。
外は真っ暗です。道路標識だけを頼りに車を走らせました。
たつの市を出てから「播州赤穂市」「備前市」などを通った記憶があります。
「赤穂市」は「赤穂浪士」で有名な街ですし「備前市」と言えば「備前焼」です。
特別先を急ぐ旅ではなかったのですが、これだけ真っ暗だと景色を楽しむ余裕などありませんでした。

岡山市も通り過ぎたつの市を出てから5時間ほど経ちました。
お腹がすいたので国道沿いで今日の2回目の食事です。
ここは岡山県笹岡市というところです。
そこで目に留まったのが全国チェーンである「来来亭」でした。
ラーメンの全国チェーンである「来来亭」は新潟市にもあります。
しかし、いままで一度も利用したことはありませんでした。
初利用です。
来来亭の「チャーハンセット」を食べました。
この店でとても嬉しかったのが食卓に食べ放題の「梅干し」があったことです。
疲れていたのだと思います。その「梅干し」がとても美味しく感じました。
梅干しの「クエン酸」が疲労物質である「乳酸」を分解してくれると言います。
きっとそんな効果があったのでしょう。
全国チェーンのお店は「豚骨こってり系ラーメン」が主流です。
このお店もそうでした。しかし、卓上の「梅干し」が口の中もサッパリとしてくれました。


食後さらに車を走らせました。
午前1時を過ぎていました。宿泊する場所などありません。
国道沿いの道の駅で車中泊しました。
穏やかな夜でした。毛布をかぶっただけで暖かく寝ることができました。

次の目的地は広島市です。

つづく。

※多分投稿の容量が大きすぎたのだと思います。
一度に投稿できませんでした。そこで分割投稿にしました。
OJIJIの旅-4①を先に読んでくれると全体が繋がります。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI





Posted by 越後OYAJI at 09:38Comments(0)

ビット コイン カジノウィークリー

ビット コイン カジノかじの

2023年12月7日(木)

本日の最大の目的地は「姫路城」です。
「国宝姫路城」での撮影。そして童謡「あかとんぼ」のふるさと「たつの市」の記録です。


国道2号線を走り、「神戸市」に入りました。
神戸も以前通ったことはあるのですがしっかりと街を見たことの無いところです。
神戸の街は「山にへばりついて」いました。


瀬戸内海に沿って背後に山を抱えた神戸市は平地が少なく、住宅地などは
瀬戸内海に迫るような山にまるで「へばりつくように」広がっているのです。
美しく可愛らしい住宅がたくさんありました。
住宅が山に沿っているので生活に必要なスーパーなども同じように山にありました。
大型スーパーの駐車場で撮影しました。


遠くに瀬戸内海が広がっています。
1995年1月17日に「阪神淡路大震災」がありました。
このあたりも大被災地だったはずです。
あれから約30年になります。神戸の街はすっかり復旧しておりかつての賑わいが戻っています。
神戸市は大都市です。国道を走っていながらもステキな神戸を感じました。


神戸市を後にして、国道2号線沿いに瀬戸内の暖かそうな海を眺めながら走りました。

国道2号線沿いでこんなものを見つけました。
廃自動車部品等で作ったオブジェです。
ここは自動車修理工場のようでした。趣味で作った作品だと思います。
単色の赤にしていたのでとても目立ちました。





ついに本日の最大目的地の「姫路城」に到着しました。


世界文化遺産・国宝「姫路城」です。




威容を誇る「姫路城」の雄姿です。








姫路城西御屋敷跡庭園「好古園」も見学しました。
最高のモミジに出会いました。








姫路城はとても美しかった。感動しまくっていました。写真は100枚以上撮りました。
どの写真もそれぞれのシーンを思い出し、あの美しさに魅了された感動がよみがえってきます。

姫路城を後にして童謡「あかとんぼ」の郷、兵庫県「たつの市」をめざしました。


Posted by 越後OYAJI at 16:26Comments(0)

パチンコ 等価

任天堂 ショップ グッズ


2023年12月6日(水)

この日早朝に「天橋立」に到着。
日本三景の一つである「天橋立」を見物しました。
子供の頃から名前だけは知っている「天橋立」
いったいどんなところなのだろう?
昨日見た「東尋坊」のような奇岩とか?何だか目の前に「パァー」と広がる景観とか?
むむむむ・・・・・・・・・・・
看板には「天橋立」と書いてありますが・・右手は何やら海のよう。
目の前はとこまでも続く林道。それも見晴らしが悪く、すぐに景色は消えてしまう。
そう思いながら右・左と眺めながら先に進んでいきました。
「ああぁぁぁ!!!!」こういうことか、、、と納得できたのが海岸からどこまでも続く陸地でした。
そうなのです。「天橋立」とは宮津湾を対岸までつなげている、
島のような陸地のような林道のようなところだったのです。
「燈台下暗し」でここはどこか高く遠いところから眺めると最高の景勝地なのです。
OJIJIはそんなことを知らなかったので目の前の景色だけから全てを理解しようとしていたのです。

「天橋立」




この「案内板」のようになっていて対岸までつながっているのです。


ウロウロしているうちに「日の出」の時間になりました。7時18分。
「天橋立」の早朝も寒かったです。天気は晴天。日の出が美しかったのをアリアリと記憶しています。


ずっとこんな林道が続いています。


ずっとこんな林道が続いています。


日本三景の碑
「丹後の天橋立」「宮城の松島」「安芸の宮島」は「日本三景」である。と記されています。


京都府宮津市のマンホールの蓋。「天橋立」がデザインされています。


せっかくここまで来たのだから対岸からも天橋立を見てみよう。
と思い国道を通って対岸に向かいました。
天気が良く対岸まですぐに着くだろう。。。と思っていましたが
結構な時間がかかりました。
ここから反対側を見ることができるのだろう。
と言うところは結局わかりませんでした。
湾岸の国道は細く、貧しい漁村が続いているという感じでした。
どこまで行っても同じだったので途中で引き返しました。
ここは「宮津湾」です。京都府内です。
とりあえず京都市の方に向かい車を走らせました。

お昼になったので「餃子の王将」の餃子定食を食べました。
「餃子の王将」は京都発祥の全国チェーンです。勿論新潟市にもあります。
しかし、近所にあるがゆえに普段利用しようとは思いません。
旅に出た今回だからこそ利用しようと思いました。
餃子の王将の専用タレがセットされています。
はじめはそれで食べてみました。しかし、OJIJIの口に合いません。
普通の「濃口醬油」を頼みました。それにラー油を入れた食べなれた「餃子タレ」でいただきました。


食事を終えてから天気の良い京都府内の景色を楽しみながら車を走らせました。
道路標識を見るとこの道を行くと「宇治の平等院」にたどり着ける。ということがわかり
「宇治の平等院」を目指しました。
京都府道3号線を「宇治川」沿いに「平等院」に向かいました。
天気が良かったことは良く覚えています。しかしこの日は写真を殆ど撮っていませんでした。
陽が眩しく、車を安全に走らせることを最優先にしたので写真が後回しになったのだと思います。

「宇治平等院」に到着したのが13時半頃だったと思います。
しかし、「平等院」を見学することはできませんでした。
理由はなんと「駐車場問題」でした。どこの駐車場も満杯でした。
観光地の駐車場です。30分の利用で1000円くらいします。
それでも「宇治平等院」の周辺駐車場のどこにも停めることができませんでした。

せっかくここまで来たのに・・・
もう人生で二度と来ることは無いだろうに。。後ろ髪を引かれる思いで「宇治平等院」を後にしました。
こんな「宇治平等院鳳凰堂」の姿を見たかったです。

※この画像はイメージ画です。

早朝から車を運転し続けでいます。
途中で何度も休憩をとりながら「安全運転」を心がけました。

さぁ!! 次は「琵琶湖」を目指しました。
「琵琶湖」は日本最大の湖です。
過去にも琵琶湖沿いの国道を車で走った記憶はあります。
しかし、そばを通っただけで「琵琶湖」をしっかりと見たことはありません。
途中で何度も人に道路を聞きながら標識を頼りに琵琶湖を目指して車を走らせました。
ついに京都府宇治市から滋賀県大津市まで戻りました。

やっと」琵琶湖」に着きました。2023年12月6日(水)15時40分です。


冬至が近く一年で一番日暮れが早い時間に琵琶湖にいました。




琵琶湖に陽が落ちていきます。16時09分。
本日「天橋立」で日の出を見て(7時18分)この時間に「琵琶湖」で日の入りに出会いました。


対岸が薄暮から夕闇と変化していきます。


琵琶湖を一周しようと思いました。
しかし、陽が落ちてしまった湖はなんの魅力もありません。
湖の表情が確認できないからです。
それでもまだ真っ暗にならない前に琵琶湖の夜景を何枚も撮影しました。
どうせ一周できないならと随所にある駐車場ごとに違う夜景を撮影しました。

すっかり陽が落ちて湖の夜景が美しく輝いていました。


真っ暗になったので彦根市の方に向かいました。
その後主要国道を目指して真っ暗な中を走りました。
結局国道8号線に合流して京都市の方を目指して走りました。
国道8号から国道1号に合流しました。

琵琶湖沿いからまた国道1号沿いに「大津市」に戻りました。
お腹がすいたので国道沿いの「天下一品」を利用しました。
「天下一品」も京都発祥のラーメン全国チェーンです。
こってり濃厚豚骨ラーメンが名物で「天下一品」のファンは全国にいます。
新潟市にもかつて西区に店舗があったのですが現在はありません。
新潟市にあった時は一度も利用したことがありませんでした。
いずれにしても初天下一品です。豚キムチセットを食べました。19時頃

豚キムチがとても美味しかったです。
こんな美味しい豚キムチは初めて食べました。
しかし、超濃厚豚骨ラーメンはOJIJIの私にはとてもきつかったです。年齢的にです(笑)
そして関西系ラーメンの特徴である乾麺のようなストレート麺も口にあいませんでした。

食後に京都市を目指しました。
ここら辺が京都市内のはずだ。
京都駅の近くを通ったはずなのですが記憶にありません。

国道一号で大阪府を目指しました。
大阪市内に入ったのがわかりました。
年末です。ずいぶんと街が賑わっていました。
街のイルミネーションも随所で確認しました。
どこか駐車場を見つけて、街見物をしたかったのですが、
車の流れに乗るのが精いっぱいでした。
大阪市の繁華街を抜けると少し落ち着いてきました。
それでも国道沿いの駅の周辺は人で溢れていました。

手に汗をかきながら車のハンドルをしっかりと握っていました。
大阪市内の超繁華街を抜けたあたりにこの店がありました。

大阪の激安で有名な「スーパー玉手」の"ド派手"な看板に出会いました。21時半頃

なんなくこの看板をみると安心しました。
ここでおにぎりを3個買いました。何と一個60円なのです。激安です。
玉出スーパーを利用したのも13年ぶりだと思います。
何となく珍しくて店内をウロウロして見物していました。

取り合えず車を駐車できるところでさっき買ったおにぎりを食べようとしていました。
玉手スーパーをあとにしてほどなく「100円ローソン」を見つけました。
「100円ローソン」は東京に出たときによく利用します。旅に出たときには見覚えがあり
利用したことのある店を見つけるとなんとなくホっとします(笑)
100円ローソンでカップ麺とドリンク、スイーツ等を買い、カップ麺にお湯を注いで
車に戻り、すぐ近くの公園の駐車スペースでおにぎりやカップ麺・スイーツ等を食べて少し休憩しました。

この日はたまたま見つけた「素泊まり2500円」の宿を利用しました。貧乏旅行です(笑)

明日は兵庫県に入り、「神戸市」や「姫路城」の撮影と見学が目的です。

つづく。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI





Posted by 越後OYAJI at 17:04Comments(0)

ビット コイン カジノかじの

パチンコ 新台 予定


2024年1月11日(木)

本日の新潟市は晴天でした。
しかし、真冬です。気温は上がらず寒い一日でした。
体調がよかったので車で「新潟西海岸」の「夕日ロード」を走ってきました。

海岸近くでも白波が立っていました。
遠くに「佐渡」が見えます。


肉眼では対岸の「佐渡」がハッキリ見えました。


澄んだ青い海と白波はこの時期らしいコントラストです。


海岸に車を停めて「サーフィン」を楽しんでいる方々が見えます。


海岸に到着するまで西区の液状化現象被災地を通りました。
「砂」が吹き出たのだろう。と思える箇所が何か所もありました。
ニュースで大きく取り上げられた「新潟西郵便局」は工事をしていました。
車が傾き砂に埋まっていた画像がニュースに流れましたが、現在車は救い出され、
元の駐車スペースに戻す工事をしていました。郵便局にも用事があったのですが
さすがに工事をしているこの郵便局を利用するのは躊躇しました。
業務は通常通り行われていたようです。

通り沿いではブロック塀が倒れていたところも随所にありました。
アスファルトがめくりあがっているところもありました。
飲食店は休業しているところが沢山ありました。

復旧ボランティアも入り、今日のような天気の良い日は作業が進んだことでしょう。
抜本対策の無い自然災害です。被害にあった方々の心の回復と
こんな恐ろしい自然災害が無いようにと祈るだけです。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI


Posted by 越後OYAJI at 23:52Comments(0)

ビット コイン カジノって何

パチンコ 新台 予定


2023年12月5日(火)

車中泊でしたが外が明るくなってきているのを感じました。
被っていた毛布を取り除くと目の前に「日本海」が広がっていました。
ここが「東尋坊」なのか!!!!
一生で一度だけでよいので見てみたいと思っていた景勝地です。

車を降りてトイレを利用し、ゆっくりとあの奇岩に近づいていきました。
一瞬でした、テレビや画像で見たことがある景色が目の前にありました。
今回の旅の最初の目的地がここでした。新潟市から400㌔車で走ってたどり着きました。
とにかく感動です。もう二度と実物を見ることができないだろう。
と思うとカメラのシャッターを切る回数が自然と増えていきました。





師走の早朝です。越後ojiji以外には誰もいませんでした。






感動しまくりながらしっかりと景色を目に焼き付けました。


海岸から駐車場につながる途中に「恐竜」のこんな像が立っています。
福井県は「恐竜の化石」が沢山出る地ですのでこんなのを設置したのだと想像しました。


東尋坊を後にして福井県内で特別有名なところである「永平寺」に向かいました。
「永平寺様」は禅宗の一派である「曹洞宗」の大本山であり「修行の場」である「霊山」です。





永平寺全体は「苔むして」いました。




永平寺は福井県内屈指の観光スポットです。
この日も団体旅行と思しき方々がたくさんいました。
勿論、曹洞宗の信者の方でこの大本山をお参りに来た方達も沢山いたことと思います。


越後ojijiの知り合いの方で「僧侶」になった人がいます。
京都で生活するうちに曹洞宗に出逢い、仕事をしながら京都で修行していたそうです。
しかし、「禅」の神髄を修行するのが大切なことに気が付き、新潟市で少し生活してから
この永平寺で修行に入りました。「永平寺に修行に行くよ」、という言葉を聞いたのが最後で
その後お会いしていませんが立派なお坊様なったことでしょう。
そういうことで修行の大切な場です。越後ojijiは観光客的な行動は慎みました。
この場で今も寒さと闘いながら精神修行を行っている僧侶達がいることに「敬意」を感じました。


「東尋坊」「永平寺」を見学してから福井市に向かいました。
永平寺から福井市内までは思っていたよりも近かったです。
この日は薄曇りで時々日が差す快適な日でした。
車を運転していたとても楽しかったです。
新潟市を出発して二日目です。
OJIJIの年齢的には疲れが出てきても不思議ではないのですか
何故か?疲れは感じませんでした。

福井市に到着しました。
福井名物の「ソースカツ丼」を食べました。
福井のソースカツ丼を食べるのも今回の旅の目的でした。
新潟のタレカツ丼と見た目がそっくりです。
「ソースカツ丼」は全国に沢山あります。新潟近隣では会津のソースカツ丼が有名ですし、
長野県のカツ丼もソースカツ丼です。
しかし、新潟タレカツ丼は全国的には珍しい部類にはいります。
全国的にはソースカツ丼の方が一般的なのです。
10年以上前に一度だけ「福井のソースカツ丼」を食べた記憶があります。
それ以来、いつかもう一度このカツ丼を食べたいと思い続けていました。
福井ソースカツ丼はあっさりとしたソース味で「新潟タレカツ丼」に近い味です。
OJIJIは年齢的に二度とこの地を訪れることは無いだろう。
と思うとゆっくり味わって美味しくいただきました。




その後福井県内を見物しながら国道8号線に合流しました。
次の目的地は「天橋立」です。福井県から京都府の「丹後宮津」を目指しました。

この日の夕飯は越後ojijiの大好きな「スタミナ太郎」でした。
国道沿いで偶然見つけて躊躇なく入店し、いつも通りに沢山いただきました。
好きなものを好きなだけ食べる。最高の幸せです。大好きなスタミナ太郎を利用したのは
一か月半ぶりだったのでとても満足しました。
食べる・暖まる・満足する・・・つかれも吹っ飛んだような気になりました。



国道8号を走って午後9時頃に「道の駅河野」に着きました。
ここは敦賀湾沿いです。対岸に今回の能登半島地震で話題になった日本原電「敦賀原発」や
「動燃の高速増殖炉もんじゅ」のあるところです。
石川県の志賀原発もこの敦賀湾沿いの原子力発電施設も被害が無かったのは幸いなことでした。
今回の地震で大きな揺れ、大津波警報。。。すぐに頭をよぎったのは「東日本大震災」時の
福島第一原子力発電所の事故でした。
越後ojijiが一か月前に通った道です。そこでもし今回の震災に遭っていたら・・・
とても恐怖を感じました。


この日は国道沿いのビジネスホテルを利用しました。

次に続きます。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI


Posted by 越後OYAJI at 12:59Comments(0)

パチンコ 新台 予定

パチスロ ウルトラマン タロウ


昨日雪が積もりました。
越後ojijiの駐車場で約10㎝くらいです。
昨日・今日と厳しい寒さです。

今日もまだ雪は残っています。


駐車場の残雪です。


空です。
越後ojijiが見える範囲で古綿色の重たい雲が空を覆っています。
この雲をみると暗い気持ちになります。
何時までも晴れ上がった空に出会えないような「絶望的な気持ち」になるのです。
でも決してそんなことは無いのです。雲はいつか流れていきます。
悪魔のように覆いかぶさっているかに見える雲こそが次の晴れた空を期待させるのです。
寒いです。ちょっと辛いです。しかし、OJIJIは被災された方からみれば、どんなに幸福か!!!!
今、そんなことを思っています。


えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI


Posted by 越後OYAJI at 16:19Comments(0)

ビット コイン カジノ会員登録URL

スマホ で パチンコ


2023年12月4日(月)

8:48分 新潟市を出発しました。
新潟市中央区は晴天でした。12月の初旬です。まだ新潟市の朝は「暖か」でした。
とりあえず西バイパスに入り国道116号線を走りました。

出発後約1時間後の「弥彦山」の様子です。9時37分 西蒲区西川地区。


国道116号線を走り柏崎市で国道8号線に合流しました。11時11分頃


前を走る車の窓からワンちゃんがを顔を出していました。癒されますね⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾


正午頃上越市まで34㌔地点。富山まで146㌔地点まできました。


この日の日本海は「超凪」」でした。
柏崎市の美しい海岸沿いの景色を楽しみながら運転しました。


上越市名立区でこんな滝に出会いました。この後すぐに「うみてらす名立」があります。


奇麗な海岸沿いを快適な気分で走りまた。糸魚川市に入りました。13時47分。
糸魚川市まで来たのは13年ぶりくらいです。新潟県は縦長なので
行ったことが無いところがたくさんあります。そんなところを色々見たいと思ったのも
今回の旅の目的でした。時間に拘束されずに行きたいところに行く、
見たいところを見る。そういう旅でした。


能生町の「弁天岩」に着きました。14時。
県内でも有名な観光スポットですが、しっかりと見たことも写真を撮ったこともありませんでした。
素晴らしい景観で感動しました。天気が良く、こんなに恵まれて良いのかな?と思ったほどです。


この橋を渡って「弁天岩」に登りました。


「富山県」に入りました。15時37分。約7時間で新潟県を抜けました。


富山県内の国道8号沿いで「日没」でした。16時20分頃。
空気が澄んでいてとても奇麗な夕日でした。


朝8時48分に出発してから何も食べていませんでした。
この日の最初の食事です。18時02分。
富山県内の「8番ラーメン」」です。
以前新潟にもあったラーメンチェーンです。
国道8号沿いにあるので「8番」の名前をつけたそうです。
国道8号線を走っていくときっと「8番ラーメン」に出会うだろうと。
思いながら車を走らせたのを記憶しています。
また8番ラーメンを食べるのも今回の目的でした。
スタンダードな「8番ラーメン」です。「8」が射込まれているナルトが印象的です。
このラーメンを食べた後に少し仮眠しました。
随分と疲れていたのでしょう。少し長めの仮眠でした。


富山県を抜けて石川県内に入りました。20時頃。
外は真っ暗です。国道8号の道路標識だけを頼りに車を走らせました。
富山市を通った時も金沢市を通った時も「バイパス」を通っていました。
ここが富山市内だとか金沢市内などと一切わかりませんでした。
そしてあの時通ったあのところが今回の「能登半島大震災」で被害を受けるとは
その時は思いもしませんでした。


当日の目的地は福井県の観光スポットである「東尋坊」でした。
東尋坊に到着したのが23時58分でした。
どうにか12月4日中に到着しました。
新潟市から408.7㌔地点です。
とても寒かったです。近くに宿泊できるようなところも見当たらず。
その日は車の中で寝ました。毛布にくるまっているととても暖かでした。


次の日に続きます。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI


Posted by 越後OYAJI at 13:26Comments(0)

ビット コイン カジノって何

富士山


「能登半島大震災」で被災されている方々。
また、新潟でも停電や断水で苦しんでいる方々
地盤変化で生活に不自由な思いをしている方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
こういうご挨拶から始めなければならないのがとても切ないです。
自然災害です。起こってしまったことに悔恨をもってもどうしようもありません。
持ち続けるべきは「希望」です。次に繋がる「希望」です。
それはあきらめないということです。辛い時には必ずそれと同じだけの「代替」が
用意されているものです。あきらめずに「希望」を持ち続けると必ず「光」が見えてきます。
被災されている方々、もうこれ以上「頑張らないでください」。
皆さんはもう、充分に人智を超えた頑張りを見せてくれています。
けっして無理をせず、今いるその場所で希望を持ちつつ現実を受け入れて下さい。
あなたの悲しみ・辛さ・寒さ・ひもじさ・痛み・涙はあなたにしかわからない。
どんなに言葉を紡いでも私はあなたになれない。あなたの身代わりにはなれないのです。
私にできること。それは「祈る」こと。希望につながる祈りを続けることだけです。

さて2023年12月中はこのブログををアップできませんでした。
実は越後ojijiは長い旅に出ていました。
11月中に仕事に一区切りをつけたので、人生でこれが最後かもしれない。。。
ということで一人旅に出たのです。
何の計画も無く、行き当たりばったりの旅でした。
しかし、何とも不思議な体験をいっぱいしました。
年末に自宅に戻ったのですが、年齢の割に無理な旅だっのでしょう。
帰宅後2日過ぎには体調のすぐれないにに気が付き。そのまま約1週間臥せってました。
ようやく本日少し体調が良いのでブログを再開します。。。。。

軽自動車を供に「もう二度と訪れることはないであろう」というところを回ってきました。
決して「最終目的地」ではなかったのですが、日本最南端の「佐多岬」まで行ってきました。
写した画像は3400枚でした。
写真を頼りに今回の旅の記録を残したいと思います。

富士山です。静岡県側から見た富士山です。
こんな姿の「富士山」を写真に収めたのは初体験です。
新潟を出発し18日目に静岡県まで戻りこの雄姿に出逢いました。


「日の出」の頃の富士山です。
2023年12月22日6時32分。静岡県「掛川市」付近


2023年12月22日9時の富士山です。


2023年10月17日に「河口湖」(山梨県側)から富士山を撮影しました。
それはそれは美しい、初めて見る富士山の姿でした。
その時に「静岡県側から富士山を見てみたい」という思いに駆られました。
今回の旅はその思いを現実化させる旅でもありました。

追々と旅行記を書いていきます。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI


Posted by 越後OYAJI at 14:36Comments(0)

パチスロ ウルトラマン タロウ

リリベット


皆さま。明けましておめでとうございます。

本年も パチンコ 新台 予定をよろしくお願いいたします。

「辰」くんから新年のご挨拶を申し上げます。



何という新年の始まりでしょう。。。。
2024年1月1日午後4時10分。
突然鳴り響いた「緊急地震速報」
その数秒後でした。家が揺れました。激しい激しい揺れでした。それも結構長く続きました。
OJIJIは地震を何度も経験しています。この長い揺れは初めてでした。
上から何かが落ちてきています。部屋の中がどんどん崩れています。
「もはや、これまで!!!!!」と一瞬頭をよぎりました。
もし、家具が倒れてきたら自力で抜け出すことは不可能だったと思います。
こんな長い揺れは初体験でした。揺れが収まってからもしばらく揺れ続いているように感じました。
そしてすぐに発表されたのが「大津波警報」です。これも驚きました。
すぐに「東日本大震災の大津波」を思い出しました。
新潟市は長い海岸線と信濃川・阿賀野川の大河をかかえています。
この海岸に津波が押し寄せ、閉じた口である「河口」から津波が遡ると悲劇です。
それだけがないことを祈っていました。幸いその現象がなく、新潟市は大被害をまぬかれました。
もし信濃川・阿賀野川を津波が「龍の如く」遡ることがあれば甚大な被害だったことでしょう。。。。




※上記の画像はインターネット上の画像を使用しています。

「龍」は干支の中で唯一想像上の生き物です。
想像上の生き物であるが故にそれに希望を重ねあえやすい存在でもあります。
「登り龍」「飛竜」「龍の鬚」「龍虎」

今は厳しい状況です。
龍は勢いよく天に昇る象徴です。
そのことに希望をもち「龍の如く」飛躍の一年でありたいです。

被災されている方々。希望を持ち続けましょう。
希望を龍に託し、天の天まで届けましょう。
苦しいのは一時だけです。もうすぐ楽になります。。。。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI


Posted by 越後OYAJI at 11:53 Comments(0)

スマホ で パチンコ

ビット コイン カジノパチンコ 種類


2023年もあと数時間で終わってしまいます。
今年 もパチンコ 新台 予定をご愛読いただきありがとうございました。






2023年12月中はブログの更新ができませんでした。
何と越後ojijiはこの約1か月間旅行に出てました、
数日前に帰ってきたのですが、年を考えずに無理をしたために体調を崩し、
ここ数日は熱をだして寝ていました。

体調が回復するとまた色々なことを報告できると思います。。

皆さま良いお年をお迎えください。。。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI


Posted by 越後OYAJI at 14:41Comments(0)

ビット コイン カジノウィークリー

ビット コイン カジノかじの


こんなに安くて良いのでしようか?

とにかく「コストパフォーマンス」が最高なのです。
そして味とか調理の仕方とかの一切の妥協が無く、美味しくいただけるのです。
大食いで美味しいもの好きの越後ojijiにとっては「口福(幸福)」そのものです(笑)

『野菜醤油ラーメンです』。
何とこのラーメン400円です。
新鮮野菜をたっぷりと使っています、こういうラーメンに使う豚肉は安い「豚のウデ肉」を
使うケースが多いのです。(ウデ肉は固くて「ひき肉」にする肉の部位です。それを極薄くスライスして
業務用として使うことが多いのです。何せ安いからです。しかし、旨味はいまいちです。)
しかし、このラーメンに使われている豚肉は「豚バラ肉」です。「ウデ肉」と「豚バラ肉」では
単価で約3倍の差があります。経営的にはウデ肉を使った方が良いはずです。
しかし、このお店は柔らかく美味しいバラ肉を使って「お客本位」の経営をしているのです。
野菜がたっぷりで且つ麺の量が多いのです。普通の業務用の細麺は100gくらいです。
このお店の麺は130g位あると思います。特注品かもしれません。
ラーメンは「麺料理」です。どんなにスープや具材に神経をつかっても麺が美味しくなかったら
だいなしです。しかし、この店の麺も少し硬めに茹でていてとても美味しかったです(^o^)


『中華丼』
中華丼500円です。こちらも上記と同じ食材の使い方をしています。
ご飯は新潟県内産のコシヒカリだそうです。コスパ最高です。
ご飯の量も多いです。ふつうの食堂では230gを標準にします。
このお店のご飯の量はそれをはるかに超えていると思います。
越後ojijiは中華丼が大好きでよく食べますがこの値段は初めてです。


この二品で900円です。お腹いっぱいになりました。
コスパ最高( ^)o(^ )


『チャーシュー麺』
コスパが最高と言う意味ではこのラーメンもすごいです。
ハンパないチャーシューの量です。これで900円です。
豚バラチャーシューの味がとてもよく、柔らかでした。
本当にこの価格で提供できるのかな???
しかし、越後ojijiには嬉しいラーメンです。


こちらは上記の商品と比較するために紹介します。
旧中蒲原郡内にある食堂のチャーシュー麺です。980円でした、
一般的な食堂のラーメンです。
豚バラチャーシューもモソモソしていてしっとり感はほとんどありませんでした。
初めて利用した食堂でしたが、二度と利用することは無いでしょう。(>_<)


『新潟濃厚醤油ラーメン』
最後に背脂を使った新潟濃厚ラーメンです。
これも400円です。


色々な食材が値上がりしています。人件費も上がっています。
提供する商品に価格転嫁していくしか経営的に「生き残っていく」道はありません。
しかし、紹介した商品を低価格で提供し続ける食堂もあるのです。
安いのが良いのではありません。お客を満足させることができるのが良いのです。
そう思う越後ojijiです。

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI

Posted by 越後OYAJI at 17:05Comments(0)

パチスロ ウルトラマン タロウ

白鳥


今年、初めて出会った白鳥達です。

白鳥さんWELCOMEです。⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾。

はるばる遠い北の国から来たのですから、しばし羽を休めて下さい。







随分と昔ですが、山あいの県道を車で走っていた時に傷ついた白鳥を保護したことがあります。
地域の「鳥獣保護員」の方と連携して「獣医」さんまで届けました。
しかし、翌日その白鳥は死んだという連絡をもらいました。残念でした。
その頃の越後ojijiは「鳥インフルエンザ」に関して詳しい知識をもっていませんでした。
死んだ白鳥は野鳥です。もしかしたらその病気だったかもしれません。
毎年、白鳥を見るたびに思い出します。。。。

今年も鳥インフルエンザの情報が届いています。
野生で生きる鳥たちと飼われている鳥たちとは生活環境が極端に違います。
命の重さには「軽重」はありません。
自然で生きる野鳥が病気になるのは神の見えざる手によるものだと思っています。
しかし、飼われている鳥たちは人間の知恵で守ることができます。

昨シーズンは新潟県でも鳥インフルエンザで多大な被害が出ました。
今年はそんなことが無いようにと祈るばかりです。

白鳥さん。。
暖かくなる春までゆっくりと新潟で過ごしてね(^o^)

えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI



Posted by 越後OYAJI at 10:55Comments(0)

ビット コイン カジノウィークリー

ビット コイン カジノって何


今日から12月です。
今年も残すところ今日を含めて31日です。

12月=しわす(師走)
師走とは
1。陰暦12月の異称。また太陽暦の12月にも言う。極月(ごくげつ) 「広辞苑」
2。陰暦12月の異称。
語源については、この月になると、家々で師(僧)を迎えて読経などの仏事を行うため、
師が東西に忙しく走り回るため、「師馳(しは)せ月」といったのを誤ったものだとか、
四時の果てる月だから「しはつ(四極)月」といったのが、「つ」と「す」の音通(おんつう)によって
「しはす」となったのだとかの説が伝わる。
このことばのもつ語感が、年の暮れの人事往来の慌ただしさと一致するためか、
陽暦12月の異称としても親しまれ、習慣的に用いられている。 「インターネットの語源辞典」

師走の語源ははっきりしません。お坊さんが忙しくしている様子だとする説がまことしやかに
伝えられていますがそれを真っ向から否定する説もあります。
また冗談だと思いますが、近年では「落語家の師匠達」が暮れにかけて「稼ぎ時」で
方々の寄席を掛け持ちで出演する様子がとても忙しそうなので「師匠走る」が「師走」だ。
などと無茶苦茶な語源説を唱える者もいます(笑) 笑えるので好きです。
語源というのはとても難しく、何時から誰が言い出したなどというのは特定できるものではありません。
しかし、暦に関する語源は慣用的に使われる言葉を代々引き継いできたものです。
そういうものは今後も大切にしていきたいものです。

師走が仏教に関する言葉だということで・・・・
イケメンのお地蔵様に出会いました。


新潟市南区の味方地区で行われているイルミネーションです。
味方小学校前の「せせらぎ水路」をLED電球で彩っています。
詳しくはhttps://niigata-kankou.or.jp/event/44414をご覧ください。


寒いです。背脂を雪のように乗せた「燕系背脂ラーメン」を食べました。
「燕系背脂ラーメン」を食べると身も心もあったまります。


さて12月に入り越後ojijiも新たな生き方をすることになりました。
今日からは今までと違う生き方をすることになったのです。
私はOJIJIですが、それでもOJIJIなりに
「誰の役に立つ生き方」「誰か楽しませることができる生き方」「誰かを幸せにできる生き方」
そんなものを模索しながら次のステップを踏みたいと思っています⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾
そんなことを思いながらブラリと旅に出る予定にしています。
越後ojiji得意の「貧乏旅行」をするつもりです。(笑)(笑)(笑)(^o^)/


えちごおやじ越後OYAJI越後おやじ越後親爺エチゴオヤジECHIGO OYAJIえちごOYAJI


Posted by 越後OYAJI at 12:53Comments(0)
賭けっ子リンリンカジノオンラインカジノ77登録デルゼ 亀田バオカジノリスクカジノルーレット ベラジオ 庄内 パラダイス シティ カジノ スロット真 花 の 慶次 3ベラジョンカジノ ログイン画面カジノ ジパング メンテナンスプレイ ワールド カジノ 紹介コード